新機能「ページ送り」のご紹介

本日ニュース記事でも公開しましたが、(私個人としても)待望のページ送り機能が公開されました!

paginate.jpg

全てのテーマのテンプレートに入っていますので、本日以降新たに作成するウェブサイトやブログではすぐ利用いただけます。

今回はページ送りのテンプレート部分を説明します。

基本的な使い方としては、以下のページにあるpainate_byを利用します。

  • MTEntries (モディファイア paginate_byを追加)

まず、以下の部分のmt:Entriesタグですが、このモディファイアでpaginate_byを指定して、この数字を10にすれば10件ずつ表示される、というものになります。

<mt:Entries paginate_by="10">
(ここにコンテンツがはいります) <mt:EntriesFooter> <mt:PaginationHasPrevious> <a href="<$mt:PaginationPreviousURL$>">Prev</a> </mt:PaginationHasPrevious> <mt:PaginationHasNext> <a href="<$mt:PaginationNextURL$>">Next</a> </mt:PaginationHasNext> </mt:EntriesFooter> </mt:Entries>

実際のテーマでは、簡単に変更できるように変数にしてconfigモジュール(RainierのみHTMLヘッダー)の中で1ページの表示件数として設定できるようにしています。

config.jpg

mt:EntriesFooterの部分は、次のページ、前のページのリンクを表示する部分になります。
詳しくは以下のタグマニュアルをご参照ください。

mt:Entriesの外側でも使う方法もありますが、その辺はまたの機会に紹介したいと思います。

是非ページ送り機能をお試しください!

どんなケースにオススメ?

テーマ「General Blog」の特長と使い方