Basic

ウェブページ

カラム用スタイルの使い方

「Basic」のCSSには記事、ウェブページの本文をカラム表示にするスタイルを用意しています。
ウェブページの本文内に対応するclassを記述して、カラム構成にしてみましょう。

カラム設定用コード
<div class="row">
<div class="col-sm-◯">
<!--カラム内容a-->
</div>
<div class="col-sm-◯">
<!--カラム内容b-->
</div>



</div>

1つの <div class="row">〜</div>内に
<div class="col-sm-◯">〜</div>がカラム個数分入ります。
◯部分は、「画面を12分割すると考え、その幅何個分が入るか? 」を入力します。 そのため、
<div class="row">〜</div>内の数字が合わせて12になるように指定します。

top

どんなケースにオススメ?

テーマ「Basic」の特長と使い方